4シーズン?16タイプ?パーソナルカラー診断の違い

目次

パーソナルカラー診断とは

色々あるパーソナルカラー診断の違いは?

そもそもパーソナルカラーとは
個人個人違う色素「髪」「瞳」「肌」の色に
調和する色の事=あなたに似合う色のグループです。

ベースの4シーズン診断は
アメリカで開発されたパーソナルカラーシステムで「春」「夏」「秋」「冬」の4つのグループで
診断していきます。

今はパーソナルカラー診断は
色々な診断法があり、迷う方も多いと思います。

私自身がパーソナルカラーを最初に習ったのは
4シーズン診断でした。
色々な方に診断を重ねていくうちに
4シーズンだけでは似合う色の特徴がわからず
もっとしっかりカラーの診断をしたいと思い
4シーズンをさらに色の清濁・明るさ・鮮やかさに分けて進化させた16タイプパーソナルカラーメソッド®を習得し、診断するようになりました。

↑こちらは4シーズン「スプリング」の診断の方ですが16タイプで見ると、明るいライトカラーの色ではお顔に対して物足りない、寂しい印象です。

↑こちらの色の鮮やかなグループのドレープで
目ヂカラもグッと上がり
華やかさが増しています。

同じパーソナルカラー「スプリング(春)」の診断でも色の差が結構あるので
4シーズンだと本当に似合う色の特徴がわかりづらくなりがちです。

私自身も4シーズン診断は「スプリング」ですが
16タイプパーソナルカラー診断®では
「ウォームスプリング」
2ndが「ウォームオータム」になります。

とにかく「黄み」が大事なタイプ。
同じスプリングの中でもパステルカラーの「ライトスプリング」でも
顔色が悪く寂しい印象に見えてしまいます。

同じパーソナルカラー「スプリング」でも
似合う色の特徴はそれぞれです。
そこがきちんと診断を受けるメリットであり
一人ひとり違う「パーソナル」という事になります。

特にコスメ選びになると
「イエベスプリング」「ブルべサマー」向きなどで紹介されていますが
似合う色の特徴は個人で全然違うので
「スプリング向きのコスメ買ったけど何か違う」
「サマーなのにサマーコスメが合わない」
という事になってしまいます。

16タイプで診断することで
似合う色の特徴がわかり洋服選び・コスメ選びが
楽になります。

サロンではパーソナルカラーに合ったコスメや
洋服もご用意しています。
色々試して「似合う」を是非体験してみて下さい。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

群馬県在住
エステティシャン・アロマテラピストを経て以前から興味があったイメージコンサルタントのスクールに通い始めました。
私自身、人生に迷ったりすることも多く自己肯定感が低く生きづらさを感じていました。外見だけじゃなく内面からセルフイメージを上げて自分を表現していく方法を【マイスタイルプロデュース】で一緒に作っていきます。

目次